@Tovas(あっととばす)の料金·評判·機能について。導入事例も紹介

最終更新日 

請求書の作成や発送業務は毎月発生するもので、数が増えるほどに担当者の負担も大きくなり他の仕事が手につかなくて困るという方もいるでしょう。

今回紹介する@Tovas(あっととばす)は、請求書の発行や送付をWeb上で完結することができることから注目されているサービスです。

機能面や特徴、料金などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

@Tovasとは

@Tovasとはコクヨ株式会社が運営している帳票Web配信クラウドサービスです。

帳票作成における煩雑化を解消し人的ミスの防止にもつなげることができるとして、60,000件以上の利用実績があります。

@Tovasの機能·特徴

相手のニーズに合わせた送信手段を適用

@Tovasは取引先のニーズに合わせた帳票の送信を可能とします。

  • FAX送信
  • ファイル送信
  • 郵送代行
  • 私書箱
  • 往復便

上記の送信方法が選べるため、Web化して迅速かつペーパーレスに帳票を送信したい場合はもちろん、紙での送付にも柔軟に対応することができます。

柔軟な管理を実現

ユーザーの権限管理はもちろん、送信ファイルの閲覧履歴やアカウント管理など@Tovasでは柔軟に管理することが可能です。

様々な管理機能が1つの画面で一元管理できることで、柔軟かつセキュリティを意識した管理体制を構築することができます。

送受信のログ管理では、送受信の履歴を簡単に検索、確認、保存することができ、組織単位で操作権限を設定することができるため、必要な機能だけに絞って内部不正を未然に防止するために活用することもできるのです。

充実のサポート体制

@Tovasでは、導入前から専任の担当者によるヒアリングで、運用方法にあわせた最適なプランを提供してくれるため安心して導入することができます。もちろん導入後も疑問点を迅速に解消するために懇切丁寧にサポートしてくれるため、運用に集中することが可能です。

@Tovasの料金·価格

@Tovasの詳細な料金については問い合わせが必要ですが、公式サイトで紹介されている料金例としては以下の通りになります。

@Tovas Master+スタンダードプランの場合、初期費用120,000円、月額費用10,000円となっています。

2021年5月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

@Tovasでは、事前に機能や使用感について確認したいという方に向けて無料のトライアルを提供しています。

公式サイトから会社名や氏名、メールアドレス、電話番号など基本的な情報を入力することで体験版を利用することができます。

@Tovas導入のメリット

ペーパーレス化によるコストカットが可能に

@Tovasでは帳票をWeb上で作成してメールにURLを添付して送付することで取引先にダウンロードしてもらうことが可能となります。

紙で帳票を作成する必要がなくなるため、紙代やインク代などのコストカットをすることができます。

また、Web上でファイルを保存することができるため、ファイリングして保管しておくスペースが節約されるというメリットも生まれます。

@Tovasの導入事例·評判

コスト削減とテレワーク推進が可能に

“毎月の支払い明細書作成に伴う物理コストや人件費がかさんでしまい、この部分を解消するために@Tovasを導入しました。嬉しい誤算としては、取引先との帳票送付が100%電子化できたことですね。おかげでコストカットを実現できただけでなく、@Tovasがあればテレワークでも請求書関連業務が可能になりました。”(株式会社カウネット様)

年間300時間の工数削減を実現

“期日現金の支払い通知書の作成がはがきによる郵送で行っていたため、非常に工数と時間がかかり負担に感じていました。@Toavs Master+の取引先招待機能を活用することで、数千社にもおよぶ取引先のFAX番号を収集することができ、郵送からFAX送信に切り替えたことで年間300時間の工数削減へとつながりました。”(住友ベークライト株式会社様)

類似サービスとの比較

@Tovasの類似サービスとしては楽楽明細Scalebase(スケールベース)などが挙げられます。

楽楽明細はクラウド帳票発行サービスとして売り上げNo. 1シェアの実績を誇るサービスです。

月に数時間かけていた業務が数分で完了するなど高い導入効果があり、幅広い種類の帳票を電子化できるため、コストカットにもつながります。

料金としては、公式サイトから問い合わせをする必要がありますが、自社の運用スタイルにあった最適なプランを提案してくれるため安心です。

Scalebaseは登録してある顧客情報や契約情報をもとに自動で請求処理を行なってくれるため、大幅な業務効率化を実現します。

Scalebaseの月額料金は、スタートアッププランが50,000円、ライトプランが200,000円、エンタープライズプランが600,000円となっています。

楽楽明細の料金·評判について。売上No.1シェアのクラウド帳票発行サービスとは?

Scalebase(スケールベース)の料金·評判·機能について。導入事例も紹介

@Tovasで帳票送付の効率化を

@Tovasについてご紹介させていただきました。

  • 豊富な送付手段
  • ペーパーレス化によるコストカット
  • 充実のサポート体制

上記の点から、帳票に関する業務で工数削減をしたい、コストカットを実現したい方におすすめなサービスといえるでしょう。

本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:@Tovas公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載