J-MOTTOワークフローの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
3,300円~
初期費用
要お問合せ
無料お試し
2ヶ月間
導入社数
要お問合せ
これは ワークフロー(決裁・承認フロー) の製品です。
ワークフロー(決裁・承認フロー) の製品をまとめて資料請求

安くて手軽に導入することのできるワークフローシステム「J-MOTTOワークフロー」。

この記事では、J-MOTTOワークフローについて紹介します。

J-MOTTOワークフローとは?

J-MOTTOワークフローは、安く、手軽に、簡単に、を売りに開発されたワークフローシステムです。

使いやすさとわかりやすさにこだわっています

J-MOTTOワークフローは、グループウェアのワークフロー機能を強化し、あらゆる機能をより使いやすくするために工夫され、機能を充実させています。

おすすめの類似ワークフローシステム

類似サービス: コラボフロー

(4.5)

         
月額料金500円〜/人(クラウド版)無料お試し30日間無料
初期費用要問い合わせ最低利用人数5ユーザー〜

継続利用率は99.55%のワークフローシステムで専門的な知識がなくてもExcelなどで作成したフォームを活用できるため、導入が簡単で操作も直感的に扱うことができるため属人化が起きる心配もありません。

簡単操作でワークフローを作成

コラボフローは3ステップでワークフローを作成することができます。 普段から利用しているExcelで柔軟に申請フォームをデザインすることが可能なため、難しい専門知識やツールを用いる必要がありません。

Webからも申請フォームが作成できる

Excelを利用していないという場合でもコラボフローであれば問題ありません。 直接Webから申請フォームを作成することができ、作成方法も必要なパーツを並べていくだけなので非常に手軽となっています。 フォームの編集画面は見やすく、直感的に操作することができるため一部の人しか使いこなせないということもありません。

運用をしながら改善が可能

更新時に設定済みの入力項目情報は、更新した後でもそのまま引き継がれるため運用しながら業務改善をしていくことが可能です。 更新バージョンは管理され、運用反映のタイミングを管理することもできます。

 

類似サービス: MA-EYESnc

(4.5)

                   
月額費用40,000円〜無料トライアル30日間無料
初期費用0円最短導入期間3営業日

MA-EYESncとは、株式会社ビーブレイクシステムズが提供しているクラウド型の業務管理システムです。 「プロジェクトの収支が把握できない」「複数のシステムに情報入力をしなければいけない手間が発生している」「集計作業が手間で確認作業に時間を要している」といった課題を感じている方におすすめです。

プロジェクトの収支をリアルタイムで確認

MA-EYESncでは、プロジェクトに紐づく経費や、社員・外注の方の実績を登録することで、プロジェクト終了前でも予実を確認することができます。 いつでもリアルタイムにプロジェクトの進捗が確認できるようになるため、未然にプロジェクトの赤字化を防ぐことができるようになります。

全ての情報を一元管理

複数のシステムに同じ情報を入力しなければならず、作業に時間を要しているといった課題も、MA-EYESncであれば解消できます。 MA-EYESncに入力した情報は引き継がれるため、二重入力が発生しません。 また、「受注と購買」といった異なる業務でも、1つのシステムで管理してシームレスな情報遷移を実現します。

分析帳票をワンクリックで出力

MA-EYESncで業務を管理することで、売上や粗利に関する帳票など、あらゆる情報をExcelデータとして出力することが可能となります。 それぞれにピボットが組まれているため、ユーザーが知りたい情報を多角的に確認することができます。

類似サービス: Shachihata Cloud

(4.5)

月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
初期費用0円最短導入期間即日〜

Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

紙の決裁業務をそのまま電子化

Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

運用に合わせて柔軟な設定が可能

Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

電子帳簿保存法対策に有効

Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

その他のおすすめのワークフローシステム

月額300円〜/ユーザー!シンプルな操作性「Gluegent Flow」
この製品はワークフロー(決裁・承認フロー)の製品です。
ワークフロー(決裁・承認フロー)の製品をまとめて資料請求

J-MOTTOワークフローの特徴

J-MOTTOワークフローの特徴を紹介します。

J-MOTTOワークフローは、クラウド型のシステムを採用しています。

そのため、サーバーの運用や専用ソフトをインストールする必要ありません。

なので、在宅勤務やテレワークなどでも使用することができます。

スマートフォンにも対応しているので、出先であっても手軽に申請や承認業務を行うことができます。

J-MOTTOワークフローは、とても低価格で利用をスタートすることができます。

さらに、2ヶ月間のトライアル期間も設定されているので本格的な導入をする前に、使用感などを体験することができるのも特徴です。

J-MOTTOワークフローは、申し込みした当日からサービスを利用することができます。

このスピード感は、同じような製品ではあまり見かけることのない速さでもあります。

J-MOTTOワークフローを扱っているネオジャパン社製すべてのユーザーが、利用することのできるサポートセンターが設置されているのも魅力です。

利用中に疑問に思ったこと、操作で不明点が出てきたときにすべてのユーザーが問合せをすることができます。

メールやチャットでの問い合わせはもちろん、通話料無料の電話での利用も可能。

コストを抑えるためのポイントは他にもあります。

J-MOTTOワークフローは、基本料金の範囲で26種類の標準機能を利用することができます。

月額165円(税込)の基本料金を支払うだけで、「desknet’s NEO」のスケジュール管理や設備予約、掲示板、ワークフローなど、便利な機能が利用できます。

J-MOTTOの強み

グループウェアによって情報共有が効率的になる

J-MOTTOワークフローは、情報共有の効率化を図る際にもってこいです。

スケジュール登録・ワークフロー申請・承認などの作業を一元化することができ、社員全員が情報を共有して業務を進めることができます。

情報共有に課題のある企業には特におすすめです。

直感的に操作することができる

直感的に操作できる点も、J-MOTTOワークフローの大きな特徴です。

PCのみでなく、スマートフォン・タブレットでの操作も可能であることから、パソコン操作が得意でないスタッフでも戸惑うことなく利用できます。

外出先でも簡単に入力できるため、タイムリーに業務管理を行えるようになるでしょう。

スムーズに導入できる

J-MOTTOワークフローは、スムーズに導入することができます。

サーバーの準備や、ソフトウェアの購入は不要であることから、システム導入に手こずることもないでしょう。

J-MOTTOワークフローの機能

J-MOTTOワークフローの主な機能は以下の通りです。

申請機能

  • 申請書テンプレート・承認フローを自動できる
  • 過去申請書を参照し再申請・コピーを簡単に行える

承認機能

  • 申請書の種類ごとに承認フローを設定
  • 不在設定ができる
  • 承認印を自由に設定できる

検索機能

  • あらゆる条件で検索できる
  • 申請書をPDFで一括印刷できる
  • 申請書をCSVファイルで一括ダウンロードできる

J-MOTTOワークフローの料金

J-MOTTOワークフローの料金は以下のようになります。

・1ユーザー月165円(税込)から

・月額利用料 3,300円

「desknet’s NEO」を20ユーザーおよびディスク容量200MBまで利用可能。

J-MOTTOワークフローの評判・口コミ

J-MOTTOワークフローを実際に導入している企業の評判を紹介します。

J-MOTTOワークフローの導入の決め手は、何といっても誰でも簡単に利用できる点です。

さらに、支店や営業所でも使うことができ、業務連絡、申請業務もできるところです。

過去にシステムの運用がうまく稼働しなかった経験があったため、導入コストの安いクラウド型の製品を探していました。

そこで、コスト費用を抑えることのできるJ-MOTTOワークフローに出会いました。

ワークフローを導入することで、申請業務の管理も可視化され。業務の公立は今までに比べて圧倒的に効率化されました。

J-MOTTOのいい評判・口コミ

J-MOTTOでは、以下のような良い口コミ・評判がありました。

J-MOTTOの良い口コミ・評判

・自動メール通知機能が便利で、スケジュールの更新が手間なくできる。
・カレンダーを活用しやすく、グループウェアの全機能が揃っている。
・スケジュール機能が充実し、部署間や個人間での予定共有が容易である。

カレンダー機能、スケジュール機能の充実さが非常に好評です。何人もこれについて言及している方がいますね。グループ間での予定共有が容易で、仕事の計画が立てやすいようです。プライベートな用事を書き込む方もおり、これを話題にして会話に花が咲くなどコミュニケーションツールとしての活用も期待できるようですね。

J-MOTTOのその他評判・口コミ

J-MOTTOでは、その他に、以下のような口コミ・評判がありました。

J-MOTTOのその他口コミ・評判

・スケジュール画面での誤操作が起こりやすく、改善が求められる。
・ワークフローのUIが分かりづらく、陳腐な印象を受けることがある。
・後から入社した人が回覧板機能を利用できない点に不満がある。

全体としては満足行く出来ではあるが、UIが見ずらいところがあり困るという意見が散見されました。特に一番利用するスケジュール画面での誤操作についての言及が多いです。UIのできの悪さで他サービスを検討しているという方もいます。また、回覧板機能を後入社の方が利用できない点が不満であるという意見も見られました。

J-MOTTOを導入した結果は?

J-MOTTOを導入した結果に関しては、以下のような評判・口コミがありました。

J-MOTTOを導入した結果に関する評判・口コミ

・社員の予定を把握しやすくなり、全国の拠点で働く社員とのコミュニケーションが円滑化した。
・文書管理機能が便利で、社員が必要な書類に容易にアクセスできるようになった。
・アンケート機能を活用し、健康診断の希望コースや日程の回収などがスムーズに行えるようになった。

打ち合わせの日時設定やいつ営業に同行できるかなど、仕事の段取りの設定がスムーズになったという意見がよく見られます。社内全員に共有する必要のある情報などの閲覧もスムーズであり、DXの第一歩としても有用なようですね。また、手でアンケート集計をしなくてよくなったことも地味に評判です。

J-MOTTOの改善希望ポイントは?

J-MOTTOに関しては以下のような、改善希望ポイントがあるようです。

J-MOTTOで改善して欲しいポイント

・管理者設定が難しく、使いづらさが指摘されることがある。
・アイコンの種類が少なく、意味が分かりづらい点が改善の余地がある。
・スマホとの連動が進んでおらず、セキュリティ上の問題が懸念される。

現状、PCでの利用に特化しており、スマホとの連動に不満を持つ声が上がっていました。出先で更新、確認をしたいときなどは困ることがあるかもしれません。また、設定画面の難しさやUIの不出来を指摘する声が多いです。これさえ改善されればいいのに!と考えている方が非常に多いですね。今後の改善に期待が持たれます。

まとめ

J-MOTTOワークフローについて紹介しました。

詳しい機能の詳細や導入を検討されているかたは是非一度、お問合せください。

    その他の関連する記事

    これは ワークフロー(決裁・承認フロー) の製品です。
    ワークフロー(決裁・承認フロー) の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【ワークフロー】

        類似サービス: コラボフロー

        (4.5)

                 
        月額料金500円〜/人(クラウド版)無料お試し30日間無料
        初期費用要問い合わせ最低利用人数5ユーザー〜

        継続利用率は99.55%のワークフローシステムで専門的な知識がなくてもExcelなどで作成したフォームを活用できるため、導入が簡単で操作も直感的に扱うことができるため属人化が起きる心配もありません。

        簡単操作でワークフローを作成

        コラボフローは3ステップでワークフローを作成することができます。 普段から利用しているExcelで柔軟に申請フォームをデザインすることが可能なため、難しい専門知識やツールを用いる必要がありません。

        Webからも申請フォームが作成できる

        Excelを利用していないという場合でもコラボフローであれば問題ありません。 直接Webから申請フォームを作成することができ、作成方法も必要なパーツを並べていくだけなので非常に手軽となっています。 フォームの編集画面は見やすく、直感的に操作することができるため一部の人しか使いこなせないということもありません。

        運用をしながら改善が可能

        更新時に設定済みの入力項目情報は、更新した後でもそのまま引き継がれるため運用しながら業務改善をしていくことが可能です。 更新バージョンは管理され、運用反映のタイミングを管理することもできます。

         

        類似サービス: コラボフロー for ClimberCloud

        (4.5)

                 
        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        コラボフロー for ClimberCloudとは、株式会社ストラテジットが開発しているワークフローシステムとデータ保存サービスの連携アプリです。 ワークフローシステムとして幅広いシェアを誇るコラボフローで申請・承認された申請書に添付された請求書等のPDFファイルを統合型電子データ保存サービスのClimberCloudへ自動で登録することができます。

           

        申請〜承認、電子データの保存が同時にできる

        コラボフロー for ClimberCloudを導入することで、スキャンした請求書データをコラボフローで申請・承認後、ClimberCloudへ自動で保存できるようになります。 電子帳簿保存法に対応した形式で保存できるため、改正電子帳簿保存法に対応させたいという方にもおすすめです。

        豊富な機能

        コラボフロー for ClimberCloudでは添付PDFをClimberCloudのファイル付きリストに登録したり、申請フォームの入力項目も連携可能です。 コラボフロー側の申請フォームに紐づく固有情報も連携可能で、受信時や経路完了時など希望に合わせた連携タイミングを柔軟に設定できます。

         

        類似サービス: Gluegent Flow

        (4.5)

                 
        月額料金300円〜/ユーザー無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        Gluegent Flowとは、サイオステクノロジー株式会社が提供しているクラウドワークフローシステムです。 シンプルな操作性のため、誰でも簡単に扱うことができ、ITツールの扱いに不慣れな方が多い場合でも安心して導入できます。

           

        グループウェアのアカウント活用で管理を効率化

        Gluegent Flowは、Google WorkspaceやMicrosoft 365といったグループウェアのアカウントをそのまま活用することができるため、新たにアカウントを発行する手間や管理、IDやパスワードのユーザー対応を省略することができ、アカウント管理の効率化を実現することができます。

        フォームの作成パターンはいろいろ

        Gluegent Flowの申請フォームは、Googleドキュメントを使用して普段から利用している紙のフォームそっくりにレイアウトを作成することが可能です。 使い慣れたフォームのままスムーズに電子化へ移行することができます。

        複数の通知で見落としを防止

        Gluegent Flowでは、モバイルアプリを標準で提供しているため、外出先やテレワークでも手軽に申請・承認業務を行うことができます。 モバイル通知に対応しており、ロック画面でもお知らせを表示できるため見落としを防止します。

         

        類似サービス: MA-EYESnc

        (4.5)

                           
        月額費用40,000円〜無料トライアル30日間無料
        初期費用0円最短導入期間3営業日

        MA-EYESncとは、株式会社ビーブレイクシステムズが提供しているクラウド型の業務管理システムです。 「プロジェクトの収支が把握できない」「複数のシステムに情報入力をしなければいけない手間が発生している」「集計作業が手間で確認作業に時間を要している」といった課題を感じている方におすすめです。

        プロジェクトの収支をリアルタイムで確認

        MA-EYESncでは、プロジェクトに紐づく経費や、社員・外注の方の実績を登録することで、プロジェクト終了前でも予実を確認することができます。 いつでもリアルタイムにプロジェクトの進捗が確認できるようになるため、未然にプロジェクトの赤字化を防ぐことができるようになります。

        全ての情報を一元管理

        複数のシステムに同じ情報を入力しなければならず、作業に時間を要しているといった課題も、MA-EYESncであれば解消できます。 MA-EYESncに入力した情報は引き継がれるため、二重入力が発生しません。 また、「受注と購買」といった異なる業務でも、1つのシステムで管理してシームレスな情報遷移を実現します。

        分析帳票をワンクリックで出力

        MA-EYESncで業務を管理することで、売上や粗利に関する帳票など、あらゆる情報をExcelデータとして出力することが可能となります。 それぞれにピボットが組まれているため、ユーザーが知りたい情報を多角的に確認することができます。

        類似サービス: Shachihata Cloud

        (4.5)

        月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
        初期費用0円最短導入期間即日〜

        Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

        紙の決裁業務をそのまま電子化

        Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

        運用に合わせて柔軟な設定が可能

        Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

        電子帳簿保存法対策に有効

        Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

        類似サービス: AgileWorks

        (4.5)

                                               
        料金要問い合わせ無料お試しあり
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        AgileWorksとは、株式会社エイトレッドが開発・提供しているワークフローシステムです。 組織改編や人事異動が多い中堅・大企業でも、柔軟に設計ができる点が強みで、急な業務変更にも対応できる標準機能を搭載しています。

        操作性に優れたインターフェースで設計

        AgileWorksは、従来の紙のようなフォームをノーコードで作成できる「X-WebForm for Agile」という機能が搭載されています。 マウス操作で入力フィールドを配置することができ、プロパティから入力補助の設定もできます。

        複雑な組織構造にも対応

        AgileWorksは、組織や所属データを履歴構造で持つため、組織改編を施行する前から設定作業が可能になります。 標準機能で大規模な組織改編や統廃合、長い決裁フロー、多数の運用システムといった課題に対応することができ、ワークフロー全般をカバーすることが可能な実用性の高さが特徴的です。

        内部統制を強化できる

        AgileWorksは、閲覧権限や書類オーナーの設定、引き継ぎ時の設定など、各種申請に応じた保管方法を事前に設定できるため、事業所ごとに異なる管理ルールを設定して内部統制を強化することが可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載